根管治療 Root Canal Treatment

根管治療を成功に導くためには、まず根の長さを正確に計る必要があります。当クリニックではCTにより、複雑な根の状態を正確に把握し、状態を見極めて診断しています。

 根管治療について

治療で削る範囲を少なく抑え、神経を残すことは、その歯が将来も良好な状態を保つために重要になってきます。当クリニックでは「できるだけ削らない治療」はもちろんのこと、神経を残して抜かずに歯を守るMTAセメントを使用するなどで歯を「できるだけ抜かずに残す治療」をご提案しています。虫歯が表面のエナメル質、その下の象牙質と進み、中心にある神経にも達している場合、感染している部分の歯と神経を除去するための根管治療が必要となります。

歯の根は複雑な形状をしており、治療には正確な状態の把握に基づいた診断が必要であり、深い知識と高い技術力が要求されます。

根管内の無菌化

正確な診断に基づいて、根管治療では根管内をきれいに洗浄し、殺菌して消毒することで可能な限り無菌化します。目で見て確認できない複雑な根管をどれだけきれいに無菌化できるかによって、残された歯の寿命が大きく左右されます。

 

当クリニックでは、CTによる正確な診断に沿って、感染した部分を丁寧に取り除き、洗浄・殺菌・消毒して無菌化しています。

根の充填

根管を無菌化したら、根に充填剤を入れる治療を行います。当クリニックでは純度100%のガッタパーチャを使うことで精度の高い治療を実現しています。また、難症例にはMTAセメントを用いています。

土台・かぶせ物

充填後は被せ物の土台となるコアを入れます。根の破折を防ぐためにはファイバーコアがおすすめできます。ファイバーコアは、セラミックの被せ物の透明感を向上させ、金属アレルギーの心配もない優秀な素材です。コアを入れたら、外部からの細菌侵入を防ぐ適合の良好な被せ物を装着し、正しいかみ合わせをしっかり整えて治療が終了します。

根管治療のゴール

根管治療のゴールは、根管内の無菌化に加え、コアと精度の高い被せ物による正しいかみ合わせの実現にあります。おいしい食事と笑顔のためにゴールまでしっかり治療を続けましょう。

症例

電話アイコン

03-3865-0708

診療時間
9:00-13:00 14:00-18:00